読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

archief voor stambomen

系統樹ハンターの狩猟記録

┣┣"の多様性

Togetter - 「┣┣"の多様性」.いつのまにかツイッター界でその生息域を拡大してきた「┣┣" 」の生態と進化について.この記事を参考にして,┣┣" クレードの系統推定をしてみた:

【┣┣" の系統樹(案)】(6 March 11 version)

  • 大祖先「to do」→中祖先「トド」→祖先「┣┣" 」→幹群〔小とど&大とど〕
  • 祖先「┣┣" 」からの適応放散(1)→ @ynabe39 クレード〔丸とど&太とど「┠┠"」〕
  • 祖先「┣┣" 」からの適応放散(2)→ @Mihoko_Nojiri クレード〔薄とど「├├゛」&点字とど&部首とど「卜卜゛」&ミニとど〕
  • 祖先「┣┣" 」からの適応放散(3)→ @kenjiitojp クレード〔漢字とど「从"」〕
  • 祖先「┣┣" 」からの適応放散(4)→ @cytometrer クレード〔鏡像とど「"┫┫」&乱視とど〕

なお Shift-JIS では正しく表記できない┣┣" もいるので,正確にはツイッター検索が必要.この考察で浮上してきた諸問題は下記の通り:

  1. 同義的変異「"」「''」「”」などをどのように評価するか?
  2. 適応放散における系統関係をどのように推定するか?
  3. ┣┣" 群の系統的分類体系をどのように構築するか?

┣" 学の基本文献は以下のとおり:Kalessin Action : Tales from Mid-Ocean Ridges「┣┣"学の現在」(2010年6月30日)|「新明解┣┣"辞典」(2011年3月7日).※┣┣" は増えては困るのだが,これだけ適応放散してしまった“生物”を果たして根絶する権利が人間にあるのかという悩ましい問題.ちょうど,最強の病原菌であっても絶滅させていいのかどうかという問題に通じるものがある.

Copyright © 2012-2014 MINAKA Nobuhiro. All rights reserved