読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

archief voor stambomen

系統樹ハンターの狩猟記録

〈太陽の塔〉内部の「生命の樹」が来年から常時公開

読売オンライン記事

太陽の塔」内部を来年度にも公開…生命の樹(2013年4月30日)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130430-OYT1T00695.htm

記事本文:


1970年の大阪万博のシンボルで、美術家岡本太郎氏(1911~96年)の代表作「太陽の塔」(大阪府吹田市、高さ約70メートル)の内部が2014年度にも万博後初めて常時公開される。  塔内には同時に制作された、生命の進化を表現した「生命の樹」(同41メートル)がそびえ立つ。専門家は「太陽の塔生命の樹は一体の作品。両方を見て初めて、太郎のメッセージを感じることができる」と歓迎している。  塔が立つ万博記念公園を運営する日本万国博覧会記念機構が「当時の雰囲気を味わえる貴重な財産。多くの人に見てほしい」と常時公開を決定。機構は14年3月に廃止され、公園を移管される大阪府が引き継ぐ。  塔内は巨大な空洞で、真っ赤な壁に囲まれ、赤、青、黄、緑に彩られた鋼管をつなぎ合わせた「生命の樹」には、根元から上に向かって単細胞生物や両生類、恐竜、人類に至る約300体(現存は85体)の模型がらせん状に並ぶ。 (2013年4月30日14時35分 読売新聞)


太陽の塔〉の内部に「生命の樹」がつくりこまれていることは「Wikipedia」にも記されている.

Copyright © 2012-2014 MINAKA Nobuhiro. All rights reserved